親しい人で行う

紙粘土のお坊さん

近年、ごく親しい身内だけで故人を偲んだり、家族だけでいつも故人を送り出すときのように葬儀を行いたいという人が増えており、家族葬を行う人が増えています。 しかし、ごく親しい身内のみで行うために遠い親戚などから知らせが無かったことで文句を言われたりするトラブルが起こる場合があるようです。親戚で疎遠となっている人へは葬儀の前に事前に家族葬にすると一言連絡を入れておくように注意しましょう。しかし、葬儀は急に行わなくてはいけない場合が多いです。葬儀の準備は業者へ依頼し、親戚や近隣の方への対応は家族で役割分担を決めて行うようにしましょう。 特に、自宅で家族葬を行った場合は葬儀後にご近所の方が訪ねられる場合があります。一般的に家族葬の場合は香典返しなど用意していない場合が多いですがそのような方のために少量でも用意しておくのがマナーです。

家族葬は親しい人たちのみでゆっくりと故人を見送る小さな葬儀です。最近では一日葬という火葬当日に親しい人だけで告別式だけを行うスタイルも増えています。通夜を行うのも一般的ではありますが、一日葬では通夜は行いません。葬儀だけで済みますので、遺族の精神的・肉体的な負担を減らすことが出来ます。急な葬儀となると、残された遺族は故人を悼む時間もなく忙しくなってしまいます。とくに高齢者の多い家族の場合は体力的にも疲労が重なりますので一日葬という考えがあるということを知っておくと良いでしょう。 これは、精神的・肉体的な疲労が軽減されるだけではなく通夜の分の返礼品やお料理でおもてなしする費用が軽減されますので経済的負担も軽くすることが出来ます。