自然葬とは

咲いている和菊

散骨は故人の遺骨を粉末にして、定められた土地や山中、あるいは海、空に撒く葬祭方法です。 以前は法律違反と思われていましたが、1991年に「法の規制外」と言う見解が、関係省庁から発表されました。それ以降、核家族化や少子化で、お墓を継いでいく事が困難になるケースが増えていることから、散骨も注目されています。 散骨は主に専門の業者に依頼して行います。 依頼された業者は個人で行うか、合同の散骨でよいか、委託で済ませるか等のプランを提示してくれますので、家族や故人の意向にあった方法を選びます。 海洋散骨の場合は法要クルーズというサービスもあります。後に散骨した海域までクルーザーで向かい、そこで法要を執り行うと言う物です。

陸の散骨は地権者や近隣住民の理解を得ることが難しく、限られた場所でのみ行われていますが、火葬後の遺骨を粉骨し、風に吹かれるままに安置しておくと言う方法もあります。ゆっくりと自然に土に帰っていくと言う概念です。 同じような考え方の元、樹木葬と言う葬儀が最近注目されています。 「お墓を継ぐものがいない」「他に身よりもなく、お墓もない」そんな時、自分の死後を憂わずすむよう、里山や公園型の霊園の木の下に埋葬する方法です。 墓石や墓地を買う従来のスタイルと比べ、費用がずっと抑えられると言う大きなメリットもあります。 散骨にも言えることですが、宗教の概念に縛られることなく、最後は土に帰ると言う生物の本来のサイクルに、人間も戻りつつあるのかも知れません。