密葬で見送る

白い菊

大切な方が亡くなられると、すぐに葬儀の準備が必要です。亡くなられた後に、葬儀社の検討など一から準備をすると大変慌ただしいため、できれば事前に情報収集などの準備をしておくことをおすすめします。 多くの会葬者が集う一般葬のほか、近年では家族だけで故人を見送る家族葬も件数が増加傾向にあります。そのニーズの高まりを受けて、「家族葬プラン」のような専用プランを用意する葬儀社も増えています。 葬儀社によって項目に差異はありますが、棺・祭壇・会場使用料・遺影・霊柩車など最低限必要となる項目があらかじめセットになっています。そのため、ひとつひとつの項目に関して打合せをする必要がありませんので、準備そのものが簡単です。もちろん、家族葬として行う場合でも、棺や祭壇についてそれぞれこだわりぬいて行うことも可能です。

家族葬だけでなく、近年は少人数での葬儀を希望する方が増えています。家族葬より少し人数が多い葬儀ですと、密葬があります。密葬とは、家族に加え、近い親戚や故人と古い付き合いのある方など限られた方でのみ執り行われる葬儀です。以前は、密葬の後に本葬として多くの会葬者によるお別れの会を執り行う例が主流でしたが、近年では密葬のみというケースも少なくありません。 こうした密葬のための葬儀プランもあります。家族葬のプランを似た内容ですが、会場の広さが異なるのと、会葬者向けの案内スタッフサービスなどが付加されるなど、若干の違いがあります。そのため、金額に関しても家族葬よりも少し高めの設定です。とはいえ、一般葬のように百万円単位のお金ではなく、十数万円から数十万円と安さも特徴的です。