家族での見送り

お寺の風景

近年、お葬式のスタイルが変化しています。大勢の会葬者を交えた一般葬ではなく、家族葬・密葬という小さいお葬式を好む方が年々増加しつつあります。また、葬儀そのものにはこだわらず、亡くなられた方の希望として、思い思いの「お別れの式」を執り行う方も増えています。 こうしたいわゆる一般葬とは異なる形式での葬儀をご希望の場合でも、通常の葬儀社に依頼すると対応してもらえます。特に、家族葬や密葬といった小規模でのお葬式に関しては、ほぼ全ての葬儀社で対応が可能です。とはいえ、葬儀社によって会場の雰囲気も異なりますし、スタッフの対応も異なります。亡くなられてからでは十分な時間がとれませんので、あらかじめいくつかの葬儀社を選定し、決めておくのが理想的です。

家族葬とは、文字通り家族だけで執り行うお葬式のことです。親族の希望などによっては、家族以外の方が参列することがありますが、一般葬に比べると規模の小さいお葬式です。家族葬は専用の葬儀プランを用意する葬儀社が増えていますので、準備が簡単に済む場合もあります。 家族葬プランには、会場使用料・ドライアイス・祭壇・棺・遺影・霊柩車などの必要最低限のものがあらかじめ含まれています。祭壇の種類によって、複数の価格帯のプランを用意している葬儀社もあります。こうしたプランは費用が明確で分かりやすいのが特徴のひとつです。しかし一方で、追加費用が容易に発生することがあります。あらかじめ追加で費用が請求される場合について確認しておくことが必要です。