墓石の変化

寺院のロウソク

墓石は、日本人が墓を建てる時に必要になるものです。基本的には墓石のメーカーがあるのでそこに依頼をすることが多くあります。かつては石メーカーと土地販売をするとこが別々になっていることが多くありました。しかし、近年では霊園も墓石メーカーが保有していることがあり、墓を作るときにはトータルでサポートをしてくれます。 どんな石にするのかをかつては見に行って、そこで名前の入れ方を決めていくのが多かったのですが、最近では時代の流れによってインターネットでも注文することができるようになってきました。種類もカタログから選んでいくことが多くなり、オリジナルのものを作っていくというよりも既製品の中から選んでいくことが多いです。

これまでは墓石メーカーというと墓を作ることが中心でありました。しかし、近年は墓を作るだけでなく、その後の墓の管理も行ってくれるところが増えてきました。 管理費用はかかるもののなかなかお墓の管理ができないような遠方の人には非常に便利なサービスです。携帯電話やパソコンなどを利用して、墓の近況を遠方にいる人に伝えてくれるようなサービスを行ってくれるところがあります、 これまでは、墓石作りが中心であったのですが、これが時代に流れによって変化をしてきています。核家族化や墓を管理する人の高齢化によってなかなか管理できなくなったり、荒れてしまったりするお墓が増えてきました。そこで、管理までを含めたトータルサービスが今後も人気になりそうです。