花祭壇

お葬式のカタチ

喪服の女性

身内が亡くなった時、悲しみの中行わなければいけないことに葬儀があります。しかし、何をどうしたらよいのかわからないという人もいます。しかし、病院で亡くなった場合には、病院の方から平野区内の葬儀社を紹介してくれます。そのため、あまり心配する必要はありません。しかし、近年は葬儀の形態も様々です。そのため、どういう葬儀にしたいのかということを考えなくてはいけません。葬儀の形態によって、費用にも違いがあります。そんな中で、近年は家族葬を行う人も増えてきています。費用を抑えたいという方や、家族のみで見送りたいという考えから家族葬を行う人が多くなりました。家族葬の費用は、地域によっても違いはありますが、一般葬の3分の2くらいで行うことができます。また、家族葬であれば故人の身内や親しい友人など、気心が知れた者同士少人数で執り行えるので、弔問客に気を遣ったり大掛かりな準備に追われるということはありません。貴重な故人との最期の時間を、ゆっくりと過ごすことができるというメリットがあるのです。

しかし、故人の生活環境によっては、まだまだ一般葬を行う方も多いです。家族葬になると、ごく親しい人たちのみということになるため、後になって問題になることもあります。なぜ、知らせてくれなかったのかという思いの人もいるからです。しかし、家族のみでゆっくりと送り出してあげたいと思う人は多いです。一般葬になると、参列者の対応などもあり、ゆっくりと故人を送り出してあげる事が出来なかったと思う人もいます。どういう葬儀を行うにしても一長一短はあります。そのため、故人の身内の人たちでよく話し合って決めましょう。また、葬儀は家族葬で行い、その後一般の方々も参列できるようにする方もいます。近年は、いろいろな葬儀の形態で行う人も増えているので、いろいろと検討しておくとよいかもしれません。

葬儀の形態について検討するのも大切ですが、葬儀後の遺品整理の方法についても検討しておくといいでしょう。形見として遺しておく品から、日用品や家具類で処分が必要なもの、素人には価値が不明な骨董品の査定や買取依頼など、個人で行うと想像以上に大変な作業でもあります。遺品整理を専門に行なっている業者であれば、遺された品をぞんざいに扱うことなく一括して整理を請け負ってもらえます。神戸には優良な遺品整理業者はたくさんあるため、一度検討してみるといいでしょう。

親しい人で行う

紙粘土のお坊さん

葬儀は亡くなった人が安心して死後の世界へ旅立てるように祈りを捧げるものです。こういった葬儀の過程を楽に行えるように、家族葬という形式も採用されるようになってきました。

Read more

家族での見送り

お寺の風景

家族葬とは一般葬とは違い、身近な家族などで行う葬儀のスタイルです。一般葬を依頼するときのように通常の葬儀社で対応しています。葬儀社はそのプランやサービスも異なるので、事前に調べられるようなら調べておいた方が良いです。

Read more

墓石の変化

寺院のロウソク

墓石は日本ではお墓を建てる時に必要なものです。最近では、墓石の販売だけでなく、お墓の管理自体を請負う所も多いです。墓の近況を遠方にいる人に伝えてくれるようなサービスなど、お墓を取り巻く環境は変化しています。

Read more

自然葬とは

咲いている和菊

自然葬とは故人の遺骨を山や海、空へ撒くことでその死を悼む方法です。散骨する場所はどこでも良いわけではなく、決められた一定の土地で行う必要があります。自然葬をする時は、専門の業者に依頼するのが一般的です。

Read more

密葬で見送る

白い菊

密葬というお葬式のスタイルも最近では様々な人に利用されています。家族や近い親戚、また故人と古い付き合いのある方のみで行う葬儀スタイルです。一般的な葬儀よりも費用がかからないというのも一つの特徴です。

Read more

オススメリンク